toggle

農菓子とは?


2013年に熊本県の農家が集まり発足した

六次産業農家集団「農菓子」

熊本県の野菜や果樹の専業農家5名に、
野菜ソムリエや米粉インストラクターなど農産加工の専門家3名が集い
熊本県産のこだわり野菜や果物を使って様々なお菓子(農菓子)をプロデュースしています。

農菓子メンバー写真

— 農菓子理念 —

農菓子は「地産地承」「地産地商」「地産地笑」を
目的として活動しています。

「地産地商」

農菓子というコンテンツを最大限に活用し、様々なメディアを通じたプロモーションにより個々の経営体の認知度を上げ、各自が生産する農産物の消費拡大と収益上昇を図る。また農家同士の繋がりと交流から、新規販路の拡大や、生産・加工・営業・デザインなど、利益向上に繋がるスキルの共有と向上を行うことを目的とした活動を行う。

「地産地笑」

農菓子メンバーはもちろんのこと、農菓子を通して繋がったお客様やお取り引き先様など、農菓子に関わる全ての人が笑顔になれる事業内容を目指す。また、プロジェクトを遂行することに楽しむことを忘れず、いかなる時も遊び心と笑いを大切にする。

「地産地承」

古き良き農業を伝承するとともに、農家の新たな試みである”農菓子”という精神を、ここ熊本の地や、それぞれが農業を営む各地域へと継承することを目的とする。
また、一つの考えに固執することなく、多角的な立場から物事を理解し、多様な農業の形を承認できる農家を目指す。

 

− メンバー紹介 −

代表「なかせ農園」 熊本県菊池郡大津町岩坂578
阿蘇の大自然に囲まれた大地で、30年間さつまいもを栽培。阿蘇の山がもたらした有機質たっぷりの火山灰土で育ったお芋を、築百五十年の土壁の蔵で熟成させた“蔵出しベニーモ”は、糖度40度以上の蜜芋です。


ハナウタカジツ」 熊本市北区植木町轟1780
私たちにとって“ハナウタ”とは、毎日のなかにあるちいさなしあわせを表し、 これをわかちあうための合い言葉でもあります。ハナウタを歌いながら、楽しい気持ちで育てる果実は、四季を感じるひと皿や、贈りものにもぴったりです。


「やまうち農園」 熊本市西区河内町大多尾2182
山に囲まれ自然に恵まれた河内町芳野地区で減農薬、EM栽培の作物を作っています。その美味しい果物や野菜を使い、漬け物や焼き菓子などの加工品も作っています。


株式会社 Mr.Orange」 熊本県水俣市月浦199-4
海と深緑に囲まれた自然豊かな熊本県水俣市で育った、オレンジ・ファーム安田の“人と環境に優しいこだわりフルーツ達”は、大手百貨店ギフトやスイーツ列車に採用された実績を持つ、味と品質に定評のある逸品です。


株式会社LaTo」 熊本県菊池市泗水町吉富2714-3
「農業」と「デザイン」を融合した新しいカタチLaTo。生産者の立場に立ったモノづくりを提案。地域に根付いた、地域の活性剤になるような企業を目指し、自社でトマトの有機、減農薬栽培、農産加工、パッケージのデザインまでトータルに行っている。